エロ動画のような素人風俗嬢

①エロ動画設定のような風俗嬢

風俗店の中には様々な業種が存在し、デリヘルや性感マッサージなどのような本番なしの業種やソープのような本番ありの業種が存在する。ただ女の子の多くはできるだけ身体に負担の残らない、本番なしの風俗店で働くことを選択する傾向にある。特に男性経験や水商売・風俗の経験が少ない素人嬢は、比較的ハードルが高くない本番なしの風俗店を選ぶことが多い。そして若くて初心であるという利点のある素人嬢は、できるだけ身体を汚したくないということも本番なしの風俗店を選ぶ理由のひとつとなっているようだ。それに対しソープを選ぶのはセックスが好きな女性・水商売や風俗店で豊富な経験を持っている人が多いとされている。またソープに来るお客はマットなど性的サービスのクオリティを重視する人も多いため、素人嬢にとっては敷居の高さがあると思われがちだ。

11253

しかし、全く経験のない素人嬢がソープで働くことを選ぶというケースもまれにあるという。その理由のひとつとして考えられるのは、女の子自身の風俗業界に対する情報の少なさ。このような女の子は風俗やエッチとは無縁の環境にいることが多く、また彼女自身がおとなしい性格であるということも多いようだ。風俗や水商売で働いているような女の子の中には、「友人に勧められた」など身近にそういったことについて相談できる人がいる場合も多い。そういった女の子から情報を得ていれば、風俗の中でも身体に負担のかかりにくいものを選ぶことができるだろう。しかし自分自身興味はあるが周囲に話をすることができず、また周りも知っている人がいないという環境であれば、ネット・求人誌・スカウトなどで入るしかなくなる。つまりそういった知識がない女の子が、何らかの情報だけを愚直に信じてしまったためにソープで働くことになったということだ。

そして他に考えられるのは、普段おとなしい性格であるためその反動で思い切った決断をしてしまうということ。ソープで働く素人嬢の中には普段は男性と話せないような性格なのに、「若いうちに男性経験を豊富にしたい」とソープ店に入店したという例もあるようだ。風俗で頑張ると考えたときに、少しずつ過激なサービスをする業種に行くのではなく、いきなり一番過激なところを選択したということに他ならない。この思い切った決断が、エロ動画にありそうな素人ソープ嬢を生む要因のひとつとなるのだ。

素人風俗嬢とソープで遊ぶというのは、サービス内容を気にしない人にとっては嬉しいことも多い。比較的少ない例ではあるが、ソープにも素人嬢が存在するので粘り強く探してみても良いかもしれない。

②エロ動画の探し方

あなたの好きなエロ動画は何ですか?
あなたはエロ動画をどのように探していますか?

今や「変態大国」と言われるほど、エロに関して多種多様な文化を築いている日本。また日本のエロ文化は歴史も深く、最近では江戸時代のエロ本にあたる春画が展示会で好評を博すなど、国内外で日本のエロへの関心が高まっています。

現在のエロ動画のジャンルは一例として、「人妻(熟女)」「ロリ」「新人」「素人/ナンパ」「AV女優」「レイプ」「女子高生/女子大生」「巨乳」「貧乳」「近親相姦」「企画」「アニメ」「盗撮」「フェラ/手コキ」「オナニー」「外国人」「ハメ撮り」「痴漢」「スカトロ」「3P」「コスプレ」などがあります。

それぞれ需要があり、毎日のように新しい作品が生まれています。基本的にはAVは一過性で、言葉は悪いかもしれませんが使い捨てになりますので、どんどん新しい作品を制作しなければ利用者を満足させることはできません。

エロ動画サイトには毎日5,6作の新しい作品のリンクが貼り付けられています。かつてはサンプル動画として3~5分程度の動画サイトに更新され、続きを見たい人は動画を購入するという流れが多かったが(あるいは定額制の見放題など)、今では普通にフル動画のリンクが貼られていることが多く、ジャンル別で様々な動画が見れるようになっていますので満足度はあがっているかと思います。

リンク切れの動画はYahoo知恵袋や2ちゃんねる等で情報交換をして見つけだしたり、リンクを渡り歩いていけば結構たどり着けることも多いため、エロ動画探し=宝探し的要素もあるような気がしています。

ただし、フル動画がアップされたり、頑張って探せば好みの動画を見つけ出すことができるので、エロ動画を探すことに多くの時間を費やし気味になってしまうのはある意味利用者側にとって問題点かもしれません。昔のように短いサンプルがメインであれば短い時間でポイントを絞り、妥協点を見つけながら事を済ましていましたが、XvideosやFC2動画などのお陰で動画探しにこだわってしまう傾向にあると思います。

また前述のように多岐にわたるジャンルがあるため、毎日ジャンルを変えて見続けてしまうこともできます。そうするとAVの見過ぎによる女性に対する誤った見解を抱き、彼女との性生活や風俗でのプレイで行き過ぎた行為をしてしまったり、またはAVの方が興奮度が高くて普段のセックスに物足りなさを感じることもあるかと思います。

私は何年も色んなジャンルの動画を見てきていますが、動画鑑賞が豊かになって嬉しい分、費やす時間や普段のセックスにおける物足りなさに問題点を感じています。

③エロ動画でしか見られないジャンル

現在日本で作られたAV作品などを中心に、様々なジャンルのエロ動画をネット上において無料で見ることができるようになった。そして日本では行うことができない無修正処理が施されたAV作品も、海外から逆輸入されネット上でお金を払うことによって見ることもでき人気を博しているという。このようにエロ動画を多くのユーザーが見ている理由のひとつは、自分の周りでは決して起こり得ないようなことが動画の中で行われているということもあるのではないだろうか。

そんなジャンルのひとつが野外や、ビル内の階段や会議室などでセックスやフェラなどが行われる青姦というジャンル。そして最近シリーズともなっているマジックミラーが張られた車の中でセックスを行うというもの、ナンパして車の中でエッチな行為を行うというものも同じジャンルだと言える。一般的にセックスはラブホテル・家など他の人から見られることのないプライベート空間で行われることがほとんど。当然多くの人はそういった場所でパートナーとのセックスを楽しんでいるように思う。ただ中には「人から見られたらどうしよう」という背徳感、「今の私を見て」という露出願望などが加わることによりさらなる興奮を感じる人もいるという。またこのようなことをパートナーが認めてくれないため、それに近い行為を楽しめるイメクラ風俗に行く、青姦を行うAV作品を見るという選択をすることも多い。AVの中には演出である部分も多いと思うが、まるでひとつのドキュメンタリー映画のような作品もあるためリアリティのある映像を楽しむことができる。そして制作側には、こういった作品に興奮を覚えるユーザーの視点に立てる人が丁寧に作品を作り上げるのだ。

このようにAVなどのエロ動画でしか見ることのできないジャンルの作品を、丁寧にユーザー目線で作ることのできるクリエイターの手によって高いクオリティで見ることができる。それが日本のAVやエロ動画の良さのひとつと言えるかもしれない。

エロ動画で視姦